2006年08月31日

無駄だと断言できること

http://www.sankei.co.jp/news/060831/sha041.htm

医学部定員増員へ、24年ぶり方針転換
.
 厚生労働、文部科学、総務、財務4省は31日、医師不足が深刻な地方の10県について、平成20年度から暫定的に大学医学部の入学定員を増やすことを正式に決めた。また、自治体からの要請に基づき緊急避難的に医師を派遣するシステムの構築など総合的な医師不足対策を盛り込んだ「新医師確保総合対策」を発表した。

 これまで国は医師が増えると医療費も増加するため、医学部の定員を抑制してきたが、医師の都市部への流出・偏在が深刻なことから24年ぶりの方針転換を図った。

 定員増の対象は、青森、岩手、秋田、山形、福島、新潟、山梨、長野、岐阜、三重の各県。平成16年に人口10万人あたりの医師が200人未満で、100平方キロあたりの医師数が60人未満だった。このほか自治医科大学も対象。平成20年度から最長10年にわたり、年間最大10人を限度として増員を認める。

 歯科医師については各大学に歯学部定員の削減を要請し、歯科医師国家試験の合格基準を引き上げる。

 総合対策には、大学医学部の入試について、地元出身者の入学枠の拡充などを明記。定員増は卒業後の地域定着に取り組むことが条件で、地域定着を条件にした奨学金の積極活用などを求めている。

 このほか、医師不足の深刻な小児科、産婦人科の人材や機能の集約化・重点化を進める。小児救急電話相談事業の拡充も図る。産婦人科では助産師との連携も進める。

 離島などの僻地(へきち)医療対策では、ヘリコプターを活用した離島での巡回診療、住民が遠方の産婦人科を受診する場合の宿泊支援も盛り込んだ。

 厚労省内に病院関係者による地域医療支援中央会議を設置し、都道府県からの要請に対応した医師派遣も行う。

 分娩(ぶんべん)時に脳性まひなどの障害が残った場合は医師に過失がなくても患者を救済する制度や医療事故の死因究明制度のあり方など医師の負担の軽減にも取り組むことにした。

 最大の課題となる医師の地域定着について厚労省は「地元大学と連携して県に実効性のある措置を講じてもらう必要がある」としている。

(08/31 11:37)


続きを読む
posted by じおんぐ at 12:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

社長のノリにもうメロメロw

http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/ce9cb6b61fef609eb89d77dd2a76dc69

いや、社長のこのノリ
ちゃねらだろ?w

純ちゃんまんじゅうは、靖国行った時いつも見てるw(見てるだけかよ)
posted by じおんぐ at 07:41| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

人権ゴロには冬の時代とならんことを

http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20060821p302.htm

まあ前から大阪の自称人権団体は暴力団と懇ろとは言われてましたな
大体が建築業界自体のう散臭さとも合せて・・・
まあ地方の解同も自分の所の建築会社で迂回利益を得てるので一緒なんですがね
豊郷町の町長の件でも有名な話かと思われますが
今後もこの程度で済むとも思えず、自称人権団体に所属している事自体に後ろ暗さを感じられ商売にならない環境を求めますよ私は、ブログ上で(笑)

posted by じおんぐ at 16:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

団塊は聞か猿w

8月13日付け産経新聞22面に梶原しげる氏が「やりたい放題だった団塊の世代へ」と題して寄稿している(ネット上には無いようですが)以下一部引用

皆さんはつくづく、やりたい放題の世代だなあ、と思います。学園紛争で暴れまくったにもかかわらず、地域デビューの際の支援とか、年金をたくさんもらえるとか、世間は優しい。実にうらやましいです。
一言言わせてもらうなら、団塊の世代は「傾聴能力」が低い世代です。街頭インタビューなどをしていると、改めてそう感じる。


いやいや、のっけから手厳しいw
まあ事実そうなんですけどね
私は仕事柄仲間と呑みに行く事が無く一人で赤提灯に行きます
カウンター席に一人呑むわけですね
そうすると団塊付近のサラリーマンあたりも呑んでるわけですが、コイツ等も大体、人の話を聞かない、言いっ放しなわけですよ疲
もちろん全部が全部そうとは言わない
しかしかなりの確率で”他人の話も聞けよ"と陰で突っ込んでいる私がいる訳ですw
まともな人が多ければいいんですけど、マスゴミを中心にしてこの世代が碌な事をしていない
庇いようの無いことが多くて困ったチャンであることには違いなく、早く引退して社会の中心から離れてもらいたい、これが私の変わらない結論です
”大人しく"していれば問題は無いんですけどね、やってる事は”餓鬼”なんですね
団塊は”(歴史的事実を)見ざる、(他人の話を)聞かざる、(躾けなど大事な事を)言わざる”なんだなあ

梶原さんもブログとは違い新聞でよく言うなあと感心しました
これから必要なのは、子供の世代の躾け教育より団塊の再教育なんでしょうね(無駄かw)
posted by じおんぐ at 09:21| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

論理を大事に出来る人と感情だけの人(結構昔のだけれど町村さんありがとう)

町村信孝オフィシャルホームページ「町村語る!」
6520名の署名簿(平成18年4月17日)
http://www.machimura.net/column_a/pages_491.html
意見を披歴されてる政治家の中では、事実に基づいて限度を踏まえて話されていると一番感じます(システムの問題を個人に押し付ける不合理性とか専門性の高い問題を法律という一般性に還元せず第3者機関にて調査すべきとか)

それにひきかえ一部ばk運動家(特に元社会党系民主党支持者や地元利益誘導型自民党支持者)や新聞記者のレベルの低さというか、アホさ加減には・・・

黒川滋
8/9 医師たちのブログの内容に絶句
http://kurokawashigeru.air-nifty.com/blog/2006/08/89_11f0.html
どの医師達のブログかも示せず、医療福祉を一般経済活動(パロマや雪印など"悪者"に仕立て上げたいふいんき←何故かry)と同列扱い、こういう言い方は何ですが”頭悪い”(感情論で通せば世の中バラバラになります、論理を大事にしましょう)

黒川の恥の続きを読む
posted by じおんぐ at 23:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

TBSの慌てふためき振りにワラタ

TBSの放送免許剥奪運動に伴いビラ配布を秋葉原駅前にて行ってきました
ともかくアチ〜、日陰が無い〜、でも風は強い〜
白い柔肌をそこそこ露出した携帯チラシ配布のおねいちゃんも日向で大変だな
そんな感想の1日でした
それで終わるはずだったんですが・・・


続きを読む
posted by じおんぐ at 11:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。