2006年09月29日

こんなんまで作るかw

http://www.geocities.jp/fiveyers/anzen/

いや、だから、その、ねっ!・・・
posted by じおんぐ at 23:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

自由を履き違えるバカ法相

[杉浦法相]死刑執行せず 在任11カ月、命令書の署名拒む
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2493153/detail

 昨年10月の就任会見で杉浦法相は「(死刑執行命令書に)サインしません」と述べ、「私の心の問題。宗教観というか哲学の問題だ」と説明していた。しかし、直後に「個人の心情を吐露したもので、法相の職務執行について述べたものではない」と発言を撤回。その後は会見などで「適切に判断する」としてきた。

 過去には、89年11月〜93年3月の3年4カ月間、死刑執行がなかった時期があり、この間の法相の一人、左藤恵氏は命令書への署名を拒んだ。住職でもある左藤氏は宗教的信念から署名しなかったが、杉浦法相も同じ真宗大谷派を信仰する。


宗教の名の下、自分の仕事をしません!・・・・・


じゃあ端から役職引き受けるな
引き受けない自由は行使しろ
それを勝手に信仰の自由と履き違えるな
どうしてこういうバカばかりなんだ?
何の自由かも分かってないじゃないか?

・医者がエホバの証人を信仰してるので、輸血や移植はしません
・自衛官が反戦平和主義なので兵器訓練などしません
・某マスゴミが人権派のダブルスタンダードは自分たちの主張に反する行為なので伝えません

ってことでいいのかよ
そういうバカは目立つだけマシだから良いけど
ちゃんと仕事しようぜ
自分が司法制度を蔑ろにしてる自覚無いだろうなあ
まあ結構な割合の政治家がこのレベルなんだろうけど


posted by じおんぐ at 14:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

言葉を大事に出来ない思考停止の原作者を叱る評論家

産経新聞9月22日20面
ハマグリはよく、そばはいけない?
「美味しんぼ」(雁谷哲作、花咲アキラ画)は小学館の「ビッグコミック・スピリッツ」に一九八三年から連載されている人気作だ。グルメものマンガの先駆として類似作の追随を許さない。世界中の、また日本各地の食文化が広く紹介されており、その啓蒙性にも好感が持てる。しかし、この啓蒙、時に説教臭くなることがある。それぐらいはいいのだが、間違った啓蒙はまずい。
二〇〇〇年三月の「中華と中国」(単行本第七六巻)は、来日した支那の要人が日本の「支那そば」に怒り出す話で、「支那という言葉がどんなにいい言葉であろうと、蔑称でなかろうと」「相手が嫌だということはしない」というのがその啓蒙的な結論だ。
とうてい納得できぬ。「いい言葉」を「相手が嫌だという」のなら、その蒙を啓いてやるべきだろう。その努力を放棄してきた怠惰で卑屈な連中が自称良識派なのだ。
つい先日の九月二十五日号の「美味しんぼ」では「恵みの貝」としてハマグリを扱っている。本当に美味しいのは桑名のハマグリで、広く売られているのは味の落ちる輸入・畜養もののシナハマグリだ、としているのだが、この「シナハマグリ」はいいのだろうか。標準和名だとでも言うかもしれないが、「支那そば」「支那竹」に怒った支那の要人が「シナハマグリ」に怒らないとは思えない。日本人蔑視から発した支那人の理不尽な要求に唯々諾々と従うことから真の日支友好は生まれない。「理屈抜きにして」(昭和二十一年の外務省次官通達)「支那」を使わないような不合理とはもう縁を切ろう。
(評論家・呉智英)


マンガ読まなくなって久しいなあwだってつまんないんだもの
下の面白いかも
参考リンク:☆美味しんぼの嘘を暴け☆
http://www1.odn.ne.jp/~aaa23320/oisinbo/oisinbo_vol1.html

「支那という言葉がどんなにいい言葉であろうと、蔑称でなかろうと」「相手が嫌だということはしない」というのがその啓蒙的な結論だ。

これが差別と区別の出来ない自称人権派のアホなところだろう
こんな事言ってるから、”人権擁護法案”が天下の悪法と言われるんだよ
とうてい納得できぬ。「いい言葉」を「相手が嫌だという」のなら、その蒙を啓いてやるべきだろう。その努力を放棄してきた怠惰で卑屈な連中が自称良識派なのだ。

こうした努力を行うのが本当の人権派であり、そうでないものは思考停止しているだけなのだ
posted by じおんぐ at 13:17| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

お酒は好きだからこそ

飲酒運転で朝日記者を摘発 山梨県警
http://www.sankei.co.jp/news/060920/sha021.htm

自らの身を滅ぼす呑み方はしません

もっともそれ以前の話かもしれませんが
昔ならばマスコミのこういった醜態は見られたものではありません
マジで滅んでください>マスゴミ続きを読む
posted by じおんぐ at 22:16| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月19日

要らない子あげます→誰も要らんわ(マスゴミ以前)

マスコミならば、喫煙マナーもなんのその=吉野家取材で
http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2463902/detail?rd

やっぱり?TBS?
posted by じおんぐ at 13:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暗闘?

須賀川市立第一中学柔道部リンチ事件
http://news.80.kg/index.php?%BF%DC%B2%EC%C0%EE%BB%D4%CE%A9%C2%E8%B0%EC%C3%E6%B3%D8%BD%C0%C6%BB%C9%F4%A5%EA%A5%F3%A5%C1%BB%F6%B7%EF

9月19日午前7時40分現在
捏造乙


刑事事件としてしっかり解決すべきものだなあ(真相はわからないけどさ)
posted by じおんぐ at 07:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

一般人は病気の事を知るか?

9月17日付産経の24面に「断」ー文学的「自決」と医学的「死」 と題して評論家の井口優子氏が、作家の津村節子氏の文に違和感を呈されている
内容は、
自宅で療養中、点滴の針を自ら抜かれて、翌日亡くなられたという。夫人で作家の津村節子さんは「私は目の前で、彼が"自決"するのを見てしまった」と嘆かれ、この言葉が一斉に報道された。
(中略)
その行為を「自決」とするのは、吉村氏の戦争作品にかんがみた文学的表現としては正しい。が、医学的にみたら違うのではないか。なぜその視点からの記事が書かれないのだろう。

と述べて、”自決”という言葉によって医療に対する偏見的なもの(事実とは異なるであろうもの)を助長しかねない件を指摘している

個人的にはあまり噛みつくべきものではないとも思うが、(南京"大"虐殺のように)事実に基づかない"真実"が拡がるのは良くないと思うので、やはり釘を刺しておく必要はあるのかなとも思っている

それよりもすぐに頭に浮かんだのが、医学生当時母方の叔父が言った言葉だった
「医者って(仲間内で)癌は治せるんやろ?」
というものだった
万能の神じゃないんだから治せませんてw
医者の自尊心と患者の病気の治癒は深く関連するから、「治らないものは治りません、無理なものもあるんです」という事を言い難いふいんき(なぜかry があるものねえ
こういう部分の"先人"の遺産も受け継がなくてはいけないんだよねえ・・・
posted by じおんぐ at 16:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医学部地域枠(産経)

WEB上には無いようです
9月17日付第7面に載ってます
厚生労働省などが発表した「新医師確保総合対策」に、大学医学部の入試に、地元出身者の入学枠(地域枠)の拡充が明記されました。この制度について説明します。(社会部 石毛紀行)


感想としては、医師は高給が故に奴隷労働当たり前というDQN←→医師は一人の"人間"であり過当労働問題など守られるべきという正論の間にあって、医師側に近いスタンスで書かれているように思われます
ただし、その言葉も
しかし、医師不足が叫ばれる地域では、産婦人科や小児科などを中心に、医師が自らの生活や家庭を犠牲にして患者に尽くしている場面が少なくありません。
現状を考えると、そうした地域や診療科にあえて飛び込もうという若者や、すでに従事している医師への支援が、もっと必要かもしれません。

弱い表現に止まっていると感じます
なにぶん現状ある医療レベルで"命を救おう"として行う行為によって結果が悪かったため逮捕された福島県の公立病院産婦人科医がいるくらいですから、実際上は医師への支援など減っていると考えるスタッフが多いのです
厚労省では1・2年次の臨床研修医を対象にしたアンケートで小児科や産婦人科への志望が増加しており医師不足も起こらないかのような意見を述べていますが、ネットを行わない医学部生がほとんど居ない現状とアンケートに答えるだけなら無料である観点から、今後の流れを見ていただきたいと思います
posted by じおんぐ at 15:49| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沈みゆく者たち、その名はマスゴミ

http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50628155.html

これって、http://gorodara.seesaa.net/article/23220973.html
での駐日新聞の記者のことだよなあw
権力持ちつつも謙虚でない動物的な輩のなんと醜い事か
中日新聞社の元記者、田島真一被告(36)
中日新聞論説主幹の田島暁氏
東京新聞の論説委員の田島力氏


どうもありがとうございました
泥舟の出来レースですw
posted by じおんぐ at 15:07| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

医者の養成費用いくら?第2回(独断論)

今日はすごく暑い
全国的に天気が悪く気温も低かったのに東京は異常でしたから、パンツ一丁で過ごしましたw
ですのでw以下は適当論です
続きを読む
posted by じおんぐ at 21:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

医者の養成費用いくら?第1回

ネットのみならず実生活でもよく言われる「医者の養成にお金がかかっていて、給料もたくさんもらってるんだから24時間365日奴隷勤務するのが当然!」なる言葉
後半は論外にしろ、前半は割と批判無く受け入れられているような気がしてます
一説には5千万円から別の意見では1億円とかも
ちょっとググッてみましたが・・・?
しかし個人的経験からすると、そこまで金がかかっているとは思えない教育内容なんですよね

因みに札幌市が札幌医大の監査で経営状況を評価しているレポートがあります
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/gkk/gaibu/idai/gaiyo.htm(概要)
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/NR/rdonlyres/1C8DC8ED-A26B-4AD4-9B65-6FF0F6CD23B2/0/honbun.pdf(詳細)

2 札幌医科大学に関する事項
(1)道民の負担と受益について
大学運営には多額の経費がかかっており、その大部分が道民負担(医学部学生1人当たり6年間で45,000千円)となっていることから、大学を卒業した医師は、道内に就職し地域医療に貢献することが求められる。他府県医科大学では、県内と県外出身者の入学金に差を設けている例もあるが、道においても、卒業後の数年間を北海道内の医療機関での勤務を条件にすることや、道内での勤務実態に応じて納めた学費の一部を返還する等の措置を検討すべきである。
続きを読む
posted by じおんぐ at 20:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

社会正義って何なんだろうかねえ

中日新聞記者、無免許酒気帯び運転で在宅起訴 停職3カ月
http://www.sankei.co.jp/news/060902/sha086.htm

6ヶ月近くにわたって世の中に知られず(知らせず)、3ヶ月程度の停職ですか
新聞記者って良い職業ですね

当然の如く、現段階で駐日新聞(!w)に記事はなし
posted by じおんぐ at 23:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

TBSに真摯な反省を求める

https://www.powup.jp/sign/tbs.aspx (PC)
http://www.powup.jp/sign/tbs_mobile.aspx (携帯)
現在、上記にてネット署名によるTBS懲戒を求めておりまする
どうぞ宜しく御願い申し上げまする



https://www.powup.jp/sign/tbs.aspx" target="_blank">TBS放送免許剥奪陳情署名
posted by じおんぐ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。