2007年06月25日

奴隷奉公は崩れ去るものだ

大阪・阪南市、財政再建団体に転落のピンチ
http://megalodon.jp/?url=http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20070625p102.htm&date=20070625164754

 医師不足で7月以降の市立病院の内科閉鎖が決まったことで、大阪府阪南市が財政再建団体に転落する恐れが出ている。病院の収入が減るうえ、余剰人員が出て最大で約60人に退職金を払うことになって生じる病院事業会計の赤字を補てんすると、市の一般会計の累積赤字が最悪で約20億円に膨らみ、再建団体転落の危険ラインを突破するため。市は「このままでは第二の夕張になりかねない」と医師探しに奔走している。

 同病院(185床)の内科は、和歌山県立医大から派遣されている5人の常勤医が全員、今月末で退職するのに加え、同医大が「県内でも内科医が足りない」と補充を断ったため、非常勤の医師4人も「常勤医がいないと緊急時の対応が不安」などとして同時に辞めることになり、閉鎖せざるを得なくなった。

 同病院の収入は昨年度の見込みで20億9300万円で、内科はうち37%の7億7400万円を占め、閉鎖すると、大幅減収になるのは必至。一方、市の試算では、内科の閉鎖に伴って「余剰人員」になるために退職してもらう看護師や技師ら約60人の退職金が約6億9200万円にのぼり、病院事業会計は今年度だけで10億4500万円の赤字になる見込みだという。

 このため、一般会計から同事業会計への繰り出し追加は最悪の場合、今年度から3年間で総額14億3000万円に達し、一般会計の累積赤字が09年度決算で20億円前後になる見込み。税収など市の経常的な財源を示す「標準財政規模」(06年度で96億800万円)の20%を超え、財政再建団体転落が危ぶまれるという。

 岩室敏和市長も自ら民間病院などに医師派遣を求めているが、めどは立っておらず「医師確保に努めるとともに職員一丸となって行財政改革を進め、何としても再建団体への転落を避けたい」と話している。
(2007年6月25日 読売新聞)


いやはや、医師不足が地方公共団体の存続問題になりかねない勢いですなあ
しかし、ここで「残らない医師が悪い!」なんて結論は思考停止であるわけです
財政再建団体の怖れ←地方(国)立病院の赤字←医業収入減少←医師不足←???
???とは何でしょうか?ということを考えないといけない
初期臨床研修義務化が最後の引き金を引いたことは、前線の医師の認識するところですが、大元の原因ではないことを含み置きいただきたいと思います

posted by じおんぐ at 19:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

国民の金は俺様の金by社保庁(居直り強盗)

年金保険料横領、社保庁が全国で実態調査http://megalodon.jp/?url=http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070624AT3S2301223062007.html&date=20070624134352

 年金保険料の一部を収納担当の職員が横領している事例があるとして、社会保険庁は全国の実態調査を始めた。保険料横領は発覚している分だけで2002年までに1億1000万円を超すと判明、未発覚のケースもあると見られる。社保庁は市区町村職員を調査する方針だが、同庁の地方出先機関も対象になる可能性がある。保険料横領は、払ったはずの保険料納付記録がなくなっている「消えた年金」などの一因とみられる。調査と情報公開を急ぐ必要がありそうだ。

 会計検査院の調査資料によると、1989―02年までの公的保険料の横領額は発覚した分だけで約1億1000万円。4年間にわたり加入者から受け取った保険料を国庫に納付せずに着服していたケース(東京・蒲田)、架空の被保険者記録を職員が作り自ら開設した金融機関口座に年金を振り込ませていたケース(愛知県・半田)など計7件。 (07:00)


今更の感があるけど、碌に記録は録らない・廃棄する・しらをきる、の三拍子揃った社会保険庁、もとい自治労貴族ども
仕事をするならいざ知らず、仕事はしないわ、でも金は給料のみならずくすめ取るわ
このバカどもには業務上横領罪如きでは足らぬわ!
しかし詐欺罪でも大した罪刑にならんのがなあ・・・
posted by じおんぐ at 18:48| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

無意味・タイトルを理解できないアホなトラバ

こんな辺鄙なブログなので、大した管理は要らんだろうと思っているのですが、甚だ関連性の無いトラックバックが数個付いてしまっているので削除します
世の中にはアホウが居るようですので、今後は注意しないといけないのかなあ(面倒くさがりなので止めてもらいたいもんだ)

続きを読む
posted by じおんぐ at 18:34| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

無法者を縛り上げろ!(朝鮮総連)

総連に627億円返済命令 朝銀債務訴訟で東京地裁、仮執行も
http://megalodon.jp/?url=http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2007061802025187.html&date=20070618174804

訴状などによると、破たんした十六の朝銀信組には預金保険機構が約一兆千四百億円の公的資金を投入。整理回収機構が約千八百億円で不良債権を買い取り、回収を進めたが、そのうち個人・法人名義の約六百二十七億円は、実質的に総連への貸し付けと判明した。総連側も融資の事実を認めたが、機構は「総連の返済予定額が少ない」として提訴。和解協議もまとまらなかった。


要するに一兆千四百億円の税金を使ったが、それは千八百億円(約16%)しか戻る可能性は無く、総連に関しては六百二十七億円だとな?
日本ってこんなに借金に甘い国だったっけ?
サラ金関係の過激な話を見聞きするに、おー甘ですわな

訴訟で総連側は「機構の提訴の目的は、総連の本拠を奪い組織の壊滅を狙ったもの」と主張したが、判決理由で荒井裁判長は「そのようなことを認めるに足りる証拠はない」と退けた。

当たり前じゃ!としか言えんような妄想癖野郎どもですな

とにもかくにもガシガシ締め上げてもらいたいもんである
posted by じおんぐ at 18:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

腐った果実だな(テロ支援国家中国)

回収紙をナプキンに、ようじ再使用も…中国紙報道
http://megalodon.jp/?url=http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070610i501.htm&date=20070610063355

まあ情報の確度も確かめたくなるような内容だなw
中国国内の衛生機関が中国国内のマスコミを通じて発信してるから確度は高いんだろうな・・・

つーことで、マジ中国産は止めませう
posted by じおんぐ at 21:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたのおっしゃる市民って?(マスゴミ東狂新聞)

自衛隊 市民の自由を尊重せよ
http://megalodon.jp/?url=http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2007060802022626.html&date=20070608172802

かつて自衛隊への接近を企てたオウム真理教のような危険団体を警戒するというのなら、市民と社会の安全を守る任務として理解も得られよう。しかし、小さな集会まで監視する活動は、自衛隊が何から何を守ろうとしているのか、市民らに疑いを抱かせかねない。イージス艦の能力に関する秘密が流出していた事件などをみると、市民より隊内を先に監視すべきだとさえ思える。


今更だが、自称市民団体もかつてのオウム真理教と同じく、信教(自由)を御旗にして対処が遅れたのだが、TBSと同じくマスゴミの擁護によってつけ上がらせた結果が招いたことであるという認識(反省)が全く無いようである

そもそも自衛隊は政治的中立性を持って国家防衛に励んでいるのである
それにも拘らず、また中立という言葉を何もしない事と同義に曲解するマスゴミ

今後、自衛隊は東狂新聞を最重要監視団体としていくべきだ
posted by じおんぐ at 21:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

医療板の焚書坑儒@m3(マスゴミ亜変種)

医師の資格でもって参加できる掲示板にm3というソネット・エムスリー株式会社が運営するネットサービスがあります
http://www.m3.com/?tc=community-header

さてこの掲示板は、さる奈良県大淀病院→19病院に転送を断られ(マスゴミによると19病院たらいまわし)、最後に国立循環器病センターに搬送され子供は無事生まれたが母は脳内出血でなくなるという痛ましい事例がありましたが、その件で遺族家族から掲示板内の”誹謗中傷”を咎められ、一時中止の後再開しました

再開当初の掲示板の様子が↓
無題.JPG
ついで現在の様子が↓
無題1.JPG
元の画像がでかくてスイマセン
まあ見て判断してもらったら良いのですが、m3の”「日本の中で最も良識と品格のある掲示板」を構築していきたいとの主旨をどうかご理解・御了承頂けますようお願い申し上げます。 ”との判断で私企業としてやるのだから良いと思いますよ
ただしそれが医師会員に支持されて繁栄するかどうかは別ですがね


(参照ブログ)
天漢日乗 
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/
Yahoo!掲示板ソネットエムスリー
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=FN&action=l&board=1002413&tid=2413&sid=1002413&mid=16872
ある町医者の診療日記
http://blog.hashimoto-clinic.jp/200705/article_4.html
posted by じおんぐ at 12:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

可哀想な脱北者(←棒読み)

脱北船「軽油200リットル準備」 平均収入の16年分
http://www.asahi.com/national/update/0604/TKY200706040416.html

 青森県・深浦港で保護された脱北家族4人が乗っていた小型船に、燃料として軽油が約90〜100リットル積まれていたことが、捜査当局の調べでわかった。北朝鮮では軽油は非常に高価で、簡単には入手できないとされる。船はエンジンも2基載せていた。捜査当局は、一家が生活苦にあえぐ一方で、周到に脱出を準備できた背景事情に関心を示している。

 調べなどでは、燃料のタンクには、深浦港で保護された段階で90リットルほどの軽油が残っていた。一家は、出発時には200リットルほど積み込んでいた、と話しているという。

 一家が乗っていたのは老朽化した木造船(全長約7.3メートル)だが、予備用とみられるものを含めて2基のディーゼルエンジンを搭載していた。もともと次男がタコ漁に使っていた船だが、内湾でタコ漁をするだけならエンジンは1基で十分という。

 4人は、進む方向を確認するのに重要なコンパスも持っていた。

 北朝鮮の生活事情などに詳しい宮塚利雄・山梨学院大教授は「北朝鮮では軽油は非常に高く、1リットルの価格が平均的な給与の1カ月分に相当すると言われる」と指摘。一家が準備した軽油の価格は、相場通りなら、16年分の収入に相当する

 「船は古く見えても、軽油が大量に積まれ、予備用のエンジンまであったことを考えると、貧しい状況にあった人たちとは決して思えない」との見方を語った。

 海上の交通に詳しい関係者は、日本海の天候や波が1年で最も安定するこの時期に海路での脱出を実行したことに着目。「冬の間に燃料やエンジンを少しずつ調達し、この時期を待っていたと思う」と、見方を示す。

 捜査当局はこうした状況を踏まえ、いつごろから脱北の準備を進め、どのような方法で燃料などを用意したのかについても事情を聴くとみられる。


まあ常識的に言って”工 作 員”なんでしょうなあ
この記事元はいわゆる脱北者はかわいそうと思うバカサヨクに対するnarcotic antagonist(麻薬拮抗薬)に相当するのでしょうw(アサピだけれどねw)
posted by じおんぐ at 10:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

パチンコに惜愛の情を示すゲンダイ(マスゴミ)

本当?パチンコ存亡の危機
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070604-00000013-gen-ent

 パチンコ業界が大ピンチを迎えている。今月から、射幸性の高い機種の大量入れ替えが始まり、客離れが加速すると考えられているのだ。
「旧基準の4号機と呼ばれるパチスロは、法改正で、今月末までに入れ替えなければならない。新基準の5号機は射幸性を抑える分、出玉が悪い。この10年で500万人は減ったパチンコ・ユーザーが、さらに減るのは確実で、ホール経営は完全に曲がり角です」(業界関係者)
 パチンコ店を悩ませているのは法改正だけではない。新台の“寿命”が短くなったことも、経営の首を絞めている。
「客を呼ぶには新台を入れるしかないが、その寿命は平均1カ月半。ホールが月1ペースで入れ替えるパチンコ台は1台平均45万円。30台を入れ替えれば 1350万円です。年間400台を入れ替える大きなホールになると、それだけで1億8000万円だからベラボーです」(ホール関係者)
 警察の指導も追い打ちを掛けている。それまでは閉店前の「確変」なら1箱を保証していたが、「実際に玉が出ていないのに1箱を認めるのはおかしい」と警察がクレーム。そのため、閉店30分前には店から客がいなくなるようになった。
「金融再編も打撃です。パチンコ店への融資に積極的だったUFJが三菱と合併し、融通が利かなくなった。今年4月には業界6位のダイエー(18年3月期売上高2221億円)が、13億円の支払いをできず倒産。100億円の融資話がつぶれて窮地に追い込まれているとウワサされる大手もある」(業界事情通)
 ファンの楽しみは減るばかりだ


パチンコ業界の30兆と言われる巨大な売り上げとそれにまつわる影
http://www.adores.co.jp/ir/pdf_pre2005/05_05_20kankyousiryou.pdf
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B3

同等の売り上げwを持つ医療業界と対比させてみる

一方ではその業界の存在が生み出す犯罪(子供の車内放置死亡事件など)に対して業界の在り方がほとんど問われることなくスルー状態
一方の業界では潜在的に持つ危険性(医療は生命の安全を保障することが出来ない)を真摯に評価せず、妊婦が死んだ・子供に障碍が残ったと騒ぐマスゴミに、司法も加わって刑事事件化される始末

マトモな議論が出来ないDQNが増加して実感する異常な世の中に、マトモに立ち向かう医師が何時まで残っているものか、考える時間はもうそう残されていないことにマスゴミは気付かないだろう
posted by じおんぐ at 20:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。