2007年01月23日

献血で儲けるコツ教えます(医療崩壊)

損賠提訴:「献血で後遺症」 男性、日赤相手取り1750万円求め−−地裁 /山梨
http://megalodon.jp/?url=http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/yamanashi/news/20070123ddlk19040410000c.html&date=20070123205808

 献血した際に採血針で血管などを傷つけられ後遺症が残ったとして笛吹市に住む男性会社員(22)が、日本赤十字社(東京都港区芝大門1、近衛忠〓社長)を相手取り慰謝料など計約1750万円の損害賠償を求める訴えを甲府地裁に起こした。

 訴状によると、男性は05年3月23日、笛吹市石和町松本に止められていた同社の献血車内で献血を行った。左腕に採血針を注射された直後、腕に激しい痛みを感じたため、診察を受けたところ、採血針で腕の血管などが傷つけられていたことが分かった。症状はその後も改善せず、「左ひじ関節部腫脹」と病院で診断され、左ひじに痛みや腫れが残った。

 同社は「採血に伴う事故が起こってしまったことをおわび申し上げます。今後の対応については、弁護士と協議していきい」とコメントした。【沢田勇】

毎日新聞 2007年1月23日


みなさ〜ん、お金をもうけるネタができましたよ〜
orz

まあ静脈穿刺なので突き抜けて皮下出血、腫脹して疼痛の残存ってところでしょうなあ・・
昔のカウザルギー今のRSD(反射性交感神経性萎縮症)って合併症も少ないながらあります
もう駄目っしょ
献血も駄目、医療も駄目
日本オワタ
posted by じおんぐ at 21:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31980210
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。