2007年05月06日

医療報道でのマッチポンプ(マスゴミ)

奈良・妊婦転送死亡:診療情報、ネットに流出 遺族が告訴へ
http://megalodon.jp/?url=http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/archive/news/2007/04/20070430ddm041040155000c.html&date=20070430090633

 奈良県大淀町の町立大淀病院で昨年8月、分娩(ぶんべん)中に意識不明になった高崎実香さん(当時32歳)=同県五條市=が、19病院で転送を断られた末に搬送先の病院で出産後に死亡した問題で、高崎さんの診療情報がインターネット上に流出していたことが分かった。遺族は被疑者不詳のまま町個人情報保護条例違反容疑で、5月にも県警に告訴する。

 流出したのは、高崎さんの看護記録や医師と遺族のやりとりなど。ネット上の医師専用の掲示板に書き込まれ、多数のブログなどに転載された。この掲示板は登録者数10万人以上。

 遺族は「流出は自分たちだけの問題ではないと思い、告訴に踏み切ることを決めた」と話している。【中村敦茂】

いやー、悪い医療関係者もいたもんだな
ネット上の医師専用の掲示板に書き込まれ、多数のブログなどに転載された。この掲示板は登録者数10万人以上

m3という医療関係のネットですな
掲示板および薬品情報は医師専用になってますが、それ以外のところはイパーン人もOK
で、問題は”誰”が情報を流したのか?という点とその情報が個人情報保護条例(っていうか、何故に町の条例なんだ?)に引っかかる内容だったのか?というところと思われる
で、まあ毎日新聞の前日に読売新聞が書いていたようで
転院断られ死亡の妊婦、詳細な診療情報がネットに流出
http://megalodon.jp/?url=http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070429i401.htm&date=20070429090449
 奈良県大淀町の町立大淀病院で昨年8月、高崎実香さん(当時32歳)が出産時に脳内出血を起こし、19病院に転院受け入れを断られた後、死亡した問題で、高崎さんの診療経過など極めて詳細な個人情報がインターネット上に流出していることがわかった。

 情報は医師専用の掲示板に、関係者らしい人物が書き込んだとみられ、「転載して結構です」としていたため、同じ内容が、医師や弁護士など、かなりの数のブログに転載されている。

 遺族側の石川寛俊弁護士が28日、大阪市内で開かれた産科医療をめぐる市民団体のシンポジウムで明らかにした。石川弁護士は、個人情報保護条例に基づく対処を町に要請した。遺族は条例違反(秘密漏示)などでの刑事告訴も検討している。

 書き込みは、昨年10月に問題が報道された翌日から始まった。仮名で「ソース(情報源)が確実なきょう聞いた話」「この文章はカルテのコピーを見ながらまとめました」などとして、最終月経の日付から妊娠中の経過、8月7日に入院して意識不明になるまでの身体状況や検査値、会話など、カルテや看護記録とほぼ同じ内容を複数回に分けて克明に書き込んでいた。

 この中には、入院前の記録など、当時、遺族が入手していなかった内容や、医師の勤務状況など病院関係者しか知らない内容も含まれていた。

 石川弁護士は「主治医と家族のやりとりを近くで聞いていた人物としか思えない書き込みもある。許しがたい」と批判している。

 遺族は「あまりに個人的な内容で驚いた。患者の情報が断りもなく第三者に伝わるなら、診察室で何も言えない」と話している。

 大淀病院の横沢一二三事務局長は「高崎さんが入院した日に病院にいた職員を対象に聞き取りをした。全員が『情報を漏らしたことはない』と答えたので調査を終えたが、遺族の弁護士には伝えていない。掲示板の運営事業者への照会などは思いつかなかった。再度検討する」と話している。
(2007年4月29日3時6分 読売新聞)


しかし2ch上では早速反論が寄せられた
毎日新聞★青木絵美タンを讃えるスレ3★
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1177766026/l50

75 名前: 卵の名無しさん 投稿日: 2007/04/29(日) 17:21:18 ID:RCIP49qv0
「病院の秘密情報をネットに流した」は読売の虚報

真相は、遺族がマスコミに渡したカルテコピーを、医師が分析した結果をm3に出しただけ。
http://kenkoubyoukinashi.blog36.fc2.com/blog-date-20070429.html

カルテのコピーが出回っているのに、
それをろくに検証もせず。
医学の素人である、遺族に誘導尋問をして、
いかにも医療ミスのように書くマスコミはおかしい。

そういう経緯があって、あくまでマスコミにコピーが
出回ったカルテを詳細に検討しただけの内容。
中身は、全く同じ。

ただ、素人が都合の良いように解釈した内容か。
専門家が詳細に分析した内容か。

違いはそれだけです。

あくまで、その前に、カルテのコピーは、
遺族の意志で出回っていた。

というのが、事実です。

とまあ、この時点で戦犯wは読売新聞と見られるようになった
そして読売が去年の段階でカルテのコピーを手に入れていた証拠画像
http://soho1172001.web.fc2.com/image.htm

つまり構図としては、
毎日が”事件”報道→遺族がマスゴミにカルテ開示→その情報を基にネット医師が検討→刑事告訴不適当と県警が判断(民事もきつそう)→遺族(プロ市民団体)が情報管理にでる(個人情報で責めよう)→その情報は読売更には元はと言えば遺族が開示したカルテ情報だった
ということで自爆ネタほぼ決定

あ、ちなみにここで書いているネトウヨが好物のwプロ市民とは陣痛促進剤大嫌いな産婦人科医性悪説の方々w
http://homepage1.nifty.com/hkr/simin/index.htm
http://megalodon.jp/?url=http://homepage1.nifty.com/hkr/simin/index.htm&date=20070216090538
で、そのHPに書いてある4月28日の集会での取材が一番先の毎日や読売の報道となったわけですが、その集会に参加された方がブログ上に記録おこしされています
http://symposium.b-r.under.jp/
そしてもう一人参加された方がいて、その中に”プロ市民”の”プロ市民”たる所以のような言動を代表が行っています
また、ウィキペディアの話に出元氏が言及し、医療崩壊のページを私が書き換えようとしたらブロックが掛かっていて出来なったといっていた。そして、その対策を法的に講じている最中であると述べた。

その証拠部分
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E5%8C%BB%E7%99%82%E5%B4%A9%E5%A3%8A

より詳しく説明してるブログ
新小児科医のつぶやき 物証発見
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20070506
天漢日乗 「マスコミたらい回し」とは?(その48) 10/22の在関西キー局のニュース映像発掘 「カルテ流出」は読売新聞のマッチポンプか? Yosyan先生が時系列に沿って論証 
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/05/481022yosyan_dc24.html

posted by じおんぐ at 19:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40978427
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。