2007年06月04日

パチンコに惜愛の情を示すゲンダイ(マスゴミ)

本当?パチンコ存亡の危機
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070604-00000013-gen-ent

 パチンコ業界が大ピンチを迎えている。今月から、射幸性の高い機種の大量入れ替えが始まり、客離れが加速すると考えられているのだ。
「旧基準の4号機と呼ばれるパチスロは、法改正で、今月末までに入れ替えなければならない。新基準の5号機は射幸性を抑える分、出玉が悪い。この10年で500万人は減ったパチンコ・ユーザーが、さらに減るのは確実で、ホール経営は完全に曲がり角です」(業界関係者)
 パチンコ店を悩ませているのは法改正だけではない。新台の“寿命”が短くなったことも、経営の首を絞めている。
「客を呼ぶには新台を入れるしかないが、その寿命は平均1カ月半。ホールが月1ペースで入れ替えるパチンコ台は1台平均45万円。30台を入れ替えれば 1350万円です。年間400台を入れ替える大きなホールになると、それだけで1億8000万円だからベラボーです」(ホール関係者)
 警察の指導も追い打ちを掛けている。それまでは閉店前の「確変」なら1箱を保証していたが、「実際に玉が出ていないのに1箱を認めるのはおかしい」と警察がクレーム。そのため、閉店30分前には店から客がいなくなるようになった。
「金融再編も打撃です。パチンコ店への融資に積極的だったUFJが三菱と合併し、融通が利かなくなった。今年4月には業界6位のダイエー(18年3月期売上高2221億円)が、13億円の支払いをできず倒産。100億円の融資話がつぶれて窮地に追い込まれているとウワサされる大手もある」(業界事情通)
 ファンの楽しみは減るばかりだ


パチンコ業界の30兆と言われる巨大な売り上げとそれにまつわる影
http://www.adores.co.jp/ir/pdf_pre2005/05_05_20kankyousiryou.pdf
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%B3

同等の売り上げwを持つ医療業界と対比させてみる

一方ではその業界の存在が生み出す犯罪(子供の車内放置死亡事件など)に対して業界の在り方がほとんど問われることなくスルー状態
一方の業界では潜在的に持つ危険性(医療は生命の安全を保障することが出来ない)を真摯に評価せず、妊婦が死んだ・子供に障碍が残ったと騒ぐマスゴミに、司法も加わって刑事事件化される始末

マトモな議論が出来ないDQNが増加して実感する異常な世の中に、マトモに立ち向かう医師が何時まで残っているものか、考える時間はもうそう残されていないことにマスゴミは気付かないだろう
posted by じおんぐ at 20:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43869169
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。