2007年06月24日

国民の金は俺様の金by社保庁(居直り強盗)

年金保険料横領、社保庁が全国で実態調査http://megalodon.jp/?url=http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070624AT3S2301223062007.html&date=20070624134352

 年金保険料の一部を収納担当の職員が横領している事例があるとして、社会保険庁は全国の実態調査を始めた。保険料横領は発覚している分だけで2002年までに1億1000万円を超すと判明、未発覚のケースもあると見られる。社保庁は市区町村職員を調査する方針だが、同庁の地方出先機関も対象になる可能性がある。保険料横領は、払ったはずの保険料納付記録がなくなっている「消えた年金」などの一因とみられる。調査と情報公開を急ぐ必要がありそうだ。

 会計検査院の調査資料によると、1989―02年までの公的保険料の横領額は発覚した分だけで約1億1000万円。4年間にわたり加入者から受け取った保険料を国庫に納付せずに着服していたケース(東京・蒲田)、架空の被保険者記録を職員が作り自ら開設した金融機関口座に年金を振り込ませていたケース(愛知県・半田)など計7件。 (07:00)


今更の感があるけど、碌に記録は録らない・廃棄する・しらをきる、の三拍子揃った社会保険庁、もとい自治労貴族ども
仕事をするならいざ知らず、仕事はしないわ、でも金は給料のみならずくすめ取るわ
このバカどもには業務上横領罪如きでは足らぬわ!
しかし詐欺罪でも大した罪刑にならんのがなあ・・・
posted by じおんぐ at 18:48| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45793666
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。