2007年11月19日

ワザとやってるのか本当に無知なのか(臨床研修)

医師不足で臨床研修見直しへ
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/11/19/d20071119000006.html

臨床研修は、基本的な診療能力を幅広く身につけてもらうため、厚生労働省が3年前に始めた制度で、医師免許を取った医師に2年間、病院での研修を義務づけています。今の制度では、1年目に最も基本となる内科と外科、それに救急部門を研修し、2年目に入ってから産婦人科、小児科、精神科、それに地域医療を研修することになっています。ところが、産婦人科や小児科の研修を経験する前に内科などに志望を決めてしまう医師が多く、医師不足に拍車をかけていると指摘されています。このため厚生労働省は、臨床研修の制度を見直す方針を固め、産婦人科と小児科の研修を1年目から受けられるようにして早い時期から親しんでもらい、志望する医師を増やすことにしています。今後、一般から広く意見を募ったうえで指針を作り、再来年の4月から新たなプログラムで研修を始めたいとしています。医療の現場では、診療能力を高めるにはまず内科や外科から学ぶ必要があると長く考えられてきましたが、産婦人科と小児科の医師不足に歯止めがかからないことから、厚生労働省は制度の見直しを迫られることになりました。


もしかして厚労省の小役人どもは、全くのアホか世間(学生)知らずかワザと医療破壊してるかのいずれかであろう

医学生の3割1度は産科医目指す 『勤務実態』や『訴訟』考え挫折 横浜市大の学生が調査
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007111502064599.html
つまり臨床研修する前から小児科・産婦人科の激務・理不尽さが知れて学生時点からやりたくない科になっているのだ
如何に小役人のアホさが知れる”政策変更”であろうかw
そもそも内科医にも他科のDrにも小児科・産婦人科の次は内科・外科のメジャー科の不足が顕在化すると言われているのに、現場を知らなさ過ぎるにも程がある!
posted by じおんぐ at 08:52| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 はじめまして。
 全く仰る通りに思います。
 現場を知らない無能・アフォどもが、我が国を医療崩壊一直線に導いてきたと思います。
 医学部定員減少と、臨床研修制度で大学に人が少なくなり、研究レベルもおそらく落ちているんでしょう。
 まあ、レベルが上がると医療費が増大すると思って、わざとやってるのかもしれませんが。

 ところで、「医療崩壊」トラックバック・ピープルというサイトがあるんですが、じおんぐさんの記事も役に立てるのではないかと思います。
http://tbp.jp/tbp_9323.html
 ぜひご協力をお願いします。
Posted by 北之茂良助 at 2007年12月05日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。